「100日後に死ぬワニ」Twitterステマで炎上?最初から電通案件か?

  • 2020.03.22

スポンサーリンク

twitter4コマ【100日後に死ぬワニ】が電通案件で炎上?

20200322_thumb03

※写真はイメージです

「100日後に死ぬワニ」が電通案件ではないか?とのことで、炎上しています。

電通は従業員の方が自殺した事件もあり、その会社がこの死を題材にした4コマ漫画を扱うとは何事だ!ということなんでしょう。。

ツイッター上で連載開始し人気を集めた漫画『100日後に死ぬワニ』が、最終回直後の大規模コラボプロジェクトの発表で「広告大手の電通が関わっているのでは?」という憶測が広がり「最低のステマ」などと炎上した一方、作者本人は「電通案件」の噂を否定しており、また他のクリエイターやネット作品を応援する議員らからは擁護の声が上がっている。

ツイッター上で1日1話のペースで連載が開始されたSNS上の4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』が20日に最終回を迎えたが、直後に映画化やグッズ化などの大規模コラボプロジェクトが発表されたことに批判が続出。

特に「広告大手の電通が関わっているのでは?」という憶測が広がったことで、「人殺し企業が『死』で商売をするのか」「電通がワニを通じて命の大切さとかバカにしてるにも程がある。最低のステマだよ」といった反発の声が上がっていた。

–中略–

ネット上のこうした批判を受けて、『100日後に死ぬワニ』の作者・きくちゆうき氏と3人組バンド・いきものがかりの水野良樹氏が21日にツイッターで生配信を実施。

出典:「100日後に死ぬワニ」炎上:オタク議員が指摘するステマ批判の的外れ より

まあ、ワニくん死んだ瞬間にグッズや歌やいうて出てきましたからねえ。。

確かに葬式で「遺産なんぼもらえますやろか?」とか「死亡記念Tシャツ買ってくれ」とかいうてるような感じがしちゃうのは私だけではないはずだ。。

スポンサーリンク

「100日後に死ぬワニ」はステマ(ステルスマーケティング)していたのか?

Twitter4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」はステルスマーケティングしていたのか?といわれるとどうなんでしょう。

ステルスマーケティングとは。消費者に広告と明記せずに隠して、非営利の好評価の口コミと装うことで、消費者を欺いてバンドワゴン効果・ウィンザー効果を狙う宣伝手法。ヤラセやサクラはその一種。

出典:ステルスマーケティング – 『ウィキペディア(Wikipedia)』より

Wikipediaではステルスマーケティングではヤラセやサクラ、広告と明記せずに消費者を欺く、、とありますね。

Twitterを見ていると上記のようなツイートがいくつか見受けられましたが、そのようなことが現実に意図して実施されていたらその施策は「ステルスマーケティング」だ、となりますねえ。。誰が意図してツイートしたのかは知る術が無いですが。。

現状、詳細不明なので「100日後に死ぬワニ」は広告手法でステルスマーケティングしていた!と断定はできないでしょう。

「100日後に死ぬワニ」は最初から電通案件だったのか?

「100日後に死ぬワニ」は最初から電通案件だったのか?という疑問ですが、これは作者の方が

作者の方が炎上したあとの動画配信で電通案件ではない、、といわれていたようですね。

下の記事でもありますので、「電通案件ではない」ということなんでしょう。たぶん。

 水野はこのことに触れて「きくちさんとの対談をさせていただきたいと思っていて。どこでしましょうかねと。(同作の)最終日を迎える前はテレビでやったほうがいいんじゃないかとか、ラジオでやったほうがいいんじゃないかとか。いろんな案があって。でも、(そこでやることで)『なんか仕組まれてるんじゃないか』というのは本意ではないねって話になって。ここ(ツイッター上)に(きくち氏に)来てもらったほうが伝わるかな、誤解が解けるかなと思って」と今回ツイッター上での生放送に至った理由を説明。

 続けて、同作に電通が関わっているとささやかれていることについて「一番大きな誤解は、電通さんは絡んでない」とキッパリ否定し、「プロジェクトの仕組みに壮大な企画があって、何カ月も前から巨大組織がいろんな人が集まって、みたいな、そういうプロジェクトではなかった。だから電通さんは入ってなくて。電通さんは本当に何もしていない」と続けた。

 きくち氏は「僕が本当に個人的に始めたこと。それでいろんな人が共感してくれて。仲間もできて。盛り上げてくれて。僕は感謝しかない。『裏でデカいことになっているんだろ?』」っていうのは悲しい」と心境を吐露。「たくさんの人に見てもらえたのがそれがまずうれしい」とも語っていた。

出典:「100日後に死ぬワニ」は電通案件ではない 作者きくち氏といきもの水野が言及 – サンスポより

youtubeのMVには電通の人の名前がありますが。。”YouTube動画だけ電通に頼んだ” と情報もありましたので、まあ深く電通が関連している「電通案件」ではないんでしょう。。たぶん。。

ちょっとグッズ販売が速すぎたのとグッズの種類が多すぎたのでモヤモヤ感もありますが。。

「100日後に死ぬワニ」のテーマ

おいどんは、この「100日後に死ぬワニ」という作品は「いつ死ぬか分からないから大切に生きようね」というテーマだと思うんで、そのあたりはこの漫画のテーマは読んだ人それぞれ感じ取れば良いのかなと思います。アディオス!今日はこのへんで!

スポンサーリンク

関連記事