コロナウイルス(新型肺炎)検査キットの入手方法や価格(クラボウ・島津製作所)

  • 2020.03.12

スポンサーリンク

コロナウイルス(新型肺炎)検査キット の開発販売

20200312_thumb03

クラボウのコロナウイルス(新型肺炎)検査キット

コロナウイルスの検査キットの開発・発売のニュースがちらほら出始めました。
価格や入手方法はどうなるのでしょうか?調べてみました。

繊維メーカーのクラボウは12日、16日に少量の血液から新型コロナウイルスの感染の有無を15分で判定できる検査キットを発売すると発表した。ウイルスの遺伝子を検出する「PCR法」に比べて検査時間を大幅に短縮できる。提携先の中国検査薬大手が開発した。この手法を使った新型コロナ検査キットの国内販売は初めてという。

クラボウが発売するキットは「イムノクロマト法」というインフルエンザ検査キットなどに使う手法を使う。キットのくぼみに少量の血液と検査試薬を垂らすと、陽性の場合は15分で赤い線が浮き出る。新型コロナに感染した人の血液中の抗体を95%の精度で検出できるという。中国では医療現場で既に採用されている。

価格は10回分で2万5000円。研究・検査機関向けに販売し、1日約1万人分を供給できるという。

出典:新型コロナ検査を15分で クラボウ、中国製キット発売より

[東京 12日 ロイター] – クラボウ(3106.T)は12日、新型コロナウイルスの抗体を15分で検出する検査試薬キットの国内販売を16日から開始すると発表した。結果判定まで時間を要するPCR検査に比べて、少量の血液を用いた簡便な方法で迅速な検査が可能になるという。

このキットは、イムノクロマト法(抗原抗体反応を利用する検査方法)の原理に基づき、中国の提携先企業が開発したもので、国内に輸入して販売する。中国の診療ガイドラインにも採用されている検査手法で、国内では衛生研究所、臨床検査会社などに販売する予定としている。

出典:新型コロナ抗体を15分で検出可能なキット、クラボウが16日から販売 より

気になる価格はクラボウの検査キットでは10回分で2万5000円のようです。

3/16から主に研究所や検査会社などに販売されるようですね。

スポンサーリンク

島津製作所のコロナウイルス(新型肺炎)検査キット

島津製作所は4日、新型コロナウイルス向け検査キットの開発に着手したと発表した。ノロウイルスの試薬技術を応用して、検体からたんぱく質などの不純物を取り除く工程を不要にした。ウイルス検出にかかる時間が大幅に短縮され、感染の有無の判定時間が短くなる可能性がある。3月中にも製品化し、医療機関や検査受託会社に供給を始める。

— 中略 —

島津は3月中にもキットの開発を終え、京都市の本社工場で月2万~5万検体分を生産する方針。状況に応じて、最大10万検体分の生産も可能だ。開発に携わる四方正光遺伝子解析グループ長は「迅速な検査キットは医療現場から強く求められており、開発を急ぎたい」と話す。

出典:島津製作所、新型コロナ検査キット 「判定時間を短縮」より

上の記事は島津製作所の検査キットですね。3月中には開発を終えるとか。。こちらは価格の情報がありませんでした。

コロナウイルス(新型肺炎)検査キット の入手方法

クラボウ・島津製作所ともにコロナウイルス(新型肺炎)の検査キットは研究・検査機関や医療機関に向けての販売で一般への販売ではないようですね。

一般の方は体調がしんどい、とかコロナウイルスに感染したのでは。。?という症状がある場合は、まずはもよりの医療機関に相談する流れが一番良いかと思います。

> 厚生労働省:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

世界でもコロナウイルスの感染が拡大しWHOも今日3/12パンデミック宣言を出しました。ハリウッド俳優のトム・ハンクスもコロナウイルスに感染。迅速に検査ができるキットが早く世に出れば良いですね。しばらくはマスクをしてうがい、手洗いをこまめにして過ごしましょう!

スポンサーリンク

関連記事