Cronzy Pen(クロンジーペン)1本で1600万色が利用可能!触れて色をスキャン!

  • 2016.11.14

スポンサーリンク

Cronzy Pen(クロンジーペン)とは

こんばんわんこそば。hyper太郎です。

今日は未来の色鉛筆、「Cronzy Pen(クロンジーペン)」をご紹介。なんと1本で1,600万色もの色が出せると言う。。
実際の現物をデジタルペンでタッチして色をスキャンできるようです。

クラウドファンディングIndiegogoで出資を募り、もうすぐ市場にも投入される予定だとか。

実際にどういうペンなのかは以下の動画を見れば分かりやすいと思います。

CRONZY

すげえ、もう色鉛筆たくさん持たなくてもいいぜ!スマホのアプリと連携させて使う見たいですね。こういうのをIoTっていうんだろうなあー。

スポンサーリンク

About Cronzy

こちらは開発風景みたいですね。ペンの中に複数のインクが入っているようです。このペンのサイズでどうやって作ったんだろうなー。

 もう、たくさんのカラーペンを持ち歩く必要は、なくなるかもしれない。クラウドファンディングIndiegogoで出資受付を開始している「CRONZY Pen」は、なんと物体のカラーをスキャンし、1,600万通りを超えるカラーの調合を実現するペンだ。

出典:RBB TODAY – 1,600万色以上を再現する多色ペン「CRONZY Pen」がスゴい!

Cronzy Pen(クロンジーペン)の機能や価格など

機能的には一度の充電で7時間は利用可能なようです。一緒に利用するアプリはiOS/Android/Windows Phone/でも利用できて、ペン先も複数種類用意されています。日本での発売はまだ詳細未定だと思いますが、そう遠からず日本でも販売されるとみられているとか。日本でも早く一般発売して欲しいですねー!

より詳細な商品内容は、以下の公式サイト(英語)でも見られます。

> 公式サイト(英語) – Cronzy pen can write in over 16-million colors!

価格は以下の記事を見ると、3万円~4万円になるんですかねえ。まあちょっと高いけど、でも欲しい。。

 なお、Cronzy Penは記事作成時点でクラウドファンディングプラットフォームのIndiegogoで製品化のための資金を募っているところ。目標額は20万ドル(約2000万円)で、締切まで24日を残した時点で既に11万7000ドル(約1200万円)以上を集めることに成功しています。219ドル(約2万2600円)を出資すると製品化が成功した際に上記のCronzy Penのセットを1つゲット可能。これは実際の販売予定価格よりも80ドル(約8300円)ほど安いとのこと。なお、日本への発送が行われる場合の送料は無料です。

出典:GigaZine – 触れたものから色を抽出して1本で1600万色が使えるペン「Cronzy Pen」

誰か買ってくれねえかな。。では今日はこのへんで。ばいなら。

スポンサーリンク