小滝ちひろ顔写真や経歴は?コロナは痛快とツイッターで(朝日編集委員)

  • 2020.03.15

スポンサーリンク

朝日新聞・小滝ちひろ編集委員「新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」ツイッター投稿

20200315_thumb01

※写真はイメージです

朝日新聞・編集委員の小滝ちひろ編集委員がコロナウイルスについて不適切発言をしたとのニュースです。

このコロナウイルスで大変な状況下でこの発言は。。ある意味すごいですね。。

 朝日新聞社は14日、同社の小滝ちひろ編集委員が新型コロナウイルスについて、ツイッターに不適切な投稿をしたと明らかにし、謝罪した。同社広報のツイッターアカウントを通じて「報道姿勢と相いれない行為」などと説明した。

 広報の投稿によると、編集委員の投稿は13日。「(略)戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」という内容だった。投稿後に本人がアカウントごと削除したという。

 広報は「『痛快』という表現は著しく不適切で、感染した方をはじめ多くの皆さまに不快な思いをさせた」と謝罪した。

出典朝日編集委員、コロナ痛快と投稿ツイッターに - 朝日編集委員、コロナ痛快と投稿/社会/社会総合/デイリースポーツ onlineより

tiwtterで投稿されたようですが、すでにtiwtterアカウントは削除されたようですね。

スポンサーリンク

小滝ちひろ氏の顔写真や名前・経歴は?

小滝ちひろ氏の経歴は以下の朝日新聞ジャーナリスト学校 WEBサイトのページにありました。

福島出身で、上智大学卒らしいです。結構落としで2006年から編集委員されているのでもうベテランの方ですね。顔写真も以下ページにありました。

小滝 ちひろ(こたき・ちひろ) 編集委員(大阪)
【講演テーマ】
古社寺の文化財・考古学・歴史学
古社寺、特に古都・奈良を長年担当しています。その奥深い魅力、意外な発見をご紹介したいと思います。

【プロフィール】
62年、福島県生まれ。上智大文学部卒。広島・呉支局員、奈良・橿原通信局長、松山・高松両支局デスクなどを経て2006年から編集委員。

以下のtiwtter投稿でも小滝ちひろ氏らしき写真がありますね。

出典:朝日新聞ジャーナリスト学校 WEBサイトより

twitterアカウントは削除されたようですが、 現状の世界がコロナウイルスで大変な状況でこの不適切発言はだめですね。。

スポンサーリンク

関連記事